薄焼きビスケットラミンガ

昭和を生きた人々よブルボン・ラミンガを覚えているかい?

1989年に現在のブルボンという社名になる前、北日本製菓株式会社から販売されていた薄焼きのビスケット・ブルボンラミンガというお菓子を覚えている人がいるだろうか?

昭和50年代、お茶請けとしてバカウケしていたブルボン・ラミンガ

表面にザラメだったか水あめを薄く塗ったビスケットで香ばしい香りがお口に広がる

紅茶にもコーヒーにも、そしてお茶にもよく合うお茶請けとしてはこの上ない万能ともいえる存在だった

あとパリッとした食感も堪らないブルボン・ラミンガだった

しかし・・・伝説ともいえる薄焼きビスケット・ブルボン・ラミンガは私たちの目の前から忽然と姿を消してしまった

バブル絶頂期の89年に現在のブルボンに社名を変えた頃に姿を消してしまったのだろうか?

公式サイトでも触れられていないブルボン・ラミンガ

販売していた昭和50年代(70年代~80年代初め)それなりに人気を博していたはずの薄焼きビスケット・ブルボン・ラミンガ

ブルボンの公式ではまったくなかったかのように扱われている。

姿を消して約30余年、薄焼きビスケット・ブルボン・ラミンガの存在を知る者は現在のブルボン社員の中でさえいないのかもしれない。

しかし捨てるラミンガあれば拾うラミンガあり。

でそのラミンガの存在を知らしめる当時のCM映像を発見!!

薄焼きビスケットラミンガ
ブルボン・ラミンガ☜クリックしてご覧あれ

名曲・ヴァン・マッコイ(Van McCoy)のインストナンバー「The Hustle(75年リリース)」の有名な旋律にインスパイアされたかのようなBGMが爽やかで軽やかなラミンガの美味しさを伝えている。このCM映像と再会できた瞬間、私は不覚にも身体が震えてしまった

YouTubeは時折、タイムカプセルを開けたようなときめきを与えてくれるプラットフォームなので昭和を生きた自分は、止められなくなるのだ。UPした人に感謝です!ありがとう!!

北日本製菓株式会社(現在のブルボン)が提供に名を連ねていた日本テレビ系列で放送されていた30分番組「びっくり日本新記録(日曜夜7:00)」やテレビ朝日系列の午後のワイドショー「アフタヌーンショー」を観ていた人はこのCMに見覚えがあるのではないだろうか?

    ※テレビ朝日「アフタヌーンショー」はテレビ朝日がまだ日本教育テレビ(NET)だった昭和40年(1965年)スタートの老舗ワイドショーだった。番組スタート20年を迎えた85年に番組内での〝やらせ〟が発覚。当時、テレビ業界に激震が走り大騒動となり全国の視聴者の非難轟々の中、打ち切りとなった番組だった。今尚、テレビの〝やらせ問題〟が起こると代表例に挙げられるほどである。その〝やらせ〟というのが最近の〝やらせ〟が可愛く感じるほどのもので〝未成年のリンチ事件〟を番組のためにでっちあげ放送してしまったテレビ史上に残る大事件であった

CMに登場している美しいお嬢さんは誰?

CM放送当時、私は小学校低学年、このCMに出演している女性は映像を観るまで、女優の篠ひろ子さんと記憶違いをしていた。

CMに登場する女性は昭和48年(73年)にデビューした歌手のいけだももこ(池田桃子)さん。

いけだももこさんは、昭和49年(74年)にTBS水曜劇場枠で放送されていたドラマ「寺内貫太郎」に貫太郎の息子・周平役だった西城秀樹さんの恋人・マユミ役で出演。ドラマ本編で流れる〝劇中歌〟「リンゴがひとつ」を作曲も手掛けた主人公・寺内貫太郎(小林亜星さん)とデュエットしシングルもリリースしている。

どうして篠ひろ子さんと思い違いをしていたのか・・・篠ひろ子(出演当時はヒロコ名義)さんも同ドラマに貫太郎が馴染みにしている居酒屋の女将役で出演していたことに起因していたのだろうと思う

最後にブルボン・ラミンガを期間限定でもいいので復活を切に願いたい。

ブルボンさま・・・お願いします!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事